前田インタビューのまとめと御礼

デザイナー前田のコラム

 

 

前田にインタビューしてくれた皆様に感謝の気持ちを込めて・・・。

 

昨年の秋、専門学生のパンフレットの課題でインタビューを受けることになった。「僕なんかがインタビュー!?」という小っ恥ずかしさがあったのと、正直にいうとめんどくさい気持ちが大きかった。でも、講師として断るのもポリシーに反するので請けることにした。

 

インタビューのきっかけになった学生が作ったパンフレット。最近刷り上がった。

 

インタビュー当日、あれよこれよいつのまにか2時間が経っていた。普段口数が少ない僕が、気がついたら喋りまくっていた。「話しながら自分はこんなこと考えて、何を大事にしているかがよくわかった。」その日、インタビューのすばらしさに感動してこんな記事を書いた。

 

前田
インタビューは自分を知るのにすごくいいかもしれない!

 

そして、ブログやFacebookで「インタビューしてくれる人いませんか?」と発信してみた。すると、すぐ声をかけてくれた。ライフコーチングのmisaさん、ブロガーのパンダさん、ライターの浜田綾さん。ありがたいことに、この3人の方がインタビュー記事を書いてくれることになった。

 

この時は何も考えずにお願いをしてしまったが、インタビュー記事はかなりの労力がかかると後で気がついて申し訳なくなった・・・。

 

 

前田インタビュー第1弾 「いつもここにいます。」さん

 

 

インタビュー第1弾は、起業する主婦の方を支援・ライフコーチをしているmisaさん。真っ先に手を挙げてくれてすぐにインタビュー、すぐに記事化してくれたのがうれしい。misaさんのインタビューは、ブログのデザインについての内容になっている。ブログやロゴの見せ方、デザインの価値について語った。デザインの基本の考えたを再認識できた。今後もこんな風に意識して仕事してきたい。misaさんは話しながら「つまりこういうことですね」とまとめてくれる。すごく話しやすい。頭の回転が速い人だと思った。

 

デザイナーを捜している人は必見! 常により上のデザインを考え提案するデザイナー:前田高志が制作の核心を語ったインタビュー
http://awake-planner.com/interview-maeda-takashi/

 

 

前田インタビュー第2弾 「拝啓、覆面パンダ夫婦です」さん

 

 

第2弾はパンダさんという覆面をかぶった面白い人にインタビューしてもらった。学生の頃から任天堂時代の前田について。「任天堂になぜ入社したのか?」「任天堂をなぜ辞めたのか?」任天堂時代のことはこれまで公に自分では語る場所があまりなかったので、我ながらレアな内容になっている。前編・後編に分かれていてありがたいことにかなりボリューミィな内容になっている。後編は前田の強みや特性。ハンター×ハンターの話にまで膨らむ。パンダさんのインタビューは予想外の質問やあまり聞かれない話、普段話せないものが多くユーモア触れるインタビューだった。

 

【前編】NASUのアートディレクター前田高志さんをインタビューしてみた
https://fukumen-panda.com/interview-maedatakashi

【後編】NASUのアートディレクター前田高志さんをインタビューしてみた
https://fukumen-panda.com/interview-maedatakashi-kouhen

 

 

 

前田インタビュー第3弾 「はらぺこかぞく」さん

 

 

第3弾は人気ライターの浜田綾さんに書いてもらった。彼女とはお仕事でもプライペートでも付き合いがあるので、ある程度前田を知っている人。しかもプロのライターさん。どんなインタビューになるか楽しみだった。ライターさんらしい切り口で、文章とデザインという「伝える」ということの違いを聞かれてドキッとした。前田のこだわりをぞんぶんに引き出してくれている。自分でも忘れていた僕は昔から「文章化」していたことを思い出させてもらった。こちらも前編後編の2部構成でかなりボリューミィになっている。

 

アートディレクター、グラフィックデザイナーNASU前田高志さんにインタビューしてきました!前編
https://harapekokazoku.com/2017/02/05/interview-maedatakashi-1/

アートディレクター、グラフィックデザイナーNASU前田高志さんにインタビューしてきました!後編
https://harapekokazoku.com/2017/02/10/interview-maedatakashi-2/

 

 

まとめ

三者三様。それぞれにインタビューの特徴があって楽しかった。毎回大切な気づきがあって、僕にとってすごくいい機会だった。これらのインタビューは永久保存版。時々自分のために読み返したい。

 

感謝

それぞれインタビュー2時間を行い、それをまとめる。作業を想像すると皆さんには感謝の気持ちしかない。感謝の御礼をこめて、NASU-T2時間のデザイン相談をプレゼントさせていただきたいと思います。要らないって言わんといて〜。

 

前田
インタビューは引き続き募集中です〜。御礼は必ずします^^

 

追伸:2017年3月以降、デザイン料金を値上げするので、迷っている方はお申し込みだけでも受付中です!ただし、スケジュールを急いでいない方限定です。(4月5月になってもいいという方)