【第5話】デザイナー前田、GRAPH北川一成に会う!

デザイナー前田のコラム

前回までの前田

 

2007年。30歳になり、「このままでいいのか」と焦ってきて本やセミナーから知識を吸収しまくっていた時、あるセミナーでショックを受けた。

第4話 デザイナー前田、30歳になり焦りが復活。再び動き出す。

 

第1話 デザイナー前田、30歳を目前に焦る。

第2話 デザイナー前田、水野学氏に会う。

第3話 デザイナー前田、面接の結果、ある答えにたどり着く。

 

デザイナーはゴミを作っている。

 

TDC希望塾のセミナーでのとある日の講義。

「デザイナーはゴミを作っている。」

セミナーの先生は実際はそんなにキツイ言葉ではなかったが、ぼくの心にはキツく刺さりました。90分間ずっとそんな話・・・。地球温暖化の現実を知ってショックを受けました。「気候変動+2℃」という本を紹介していたことを今でも強く覚えています。

319pfmigLgL._SX388_BO1,204,203,200_

子供の未来はだいじょうぶなのか?

本当にそう思わされた。

やる気になって矢先だったこともあって、モチベーションがさがり強い喪失感がありました。さらに、デザイナーなんて胸を張れる仕事じゃない。その時は本当にそう思ってしまいました。

この考えからのちに「デザインなんて大した仕事じゃない」と発言して傷つけてしまうことにもなりました。

この時の自分に「大貫卓也を思い出せ。」 と言ってあげたい。

nasu-note_illust_katsu

その後、それでもセミナーや勉強は継続していましたが、温暖化を引きずっていてどうも身にならなかった。

とにかく、デザインに対する不信感しかなかったんです。

 

大阪で、GRAPHの北川一成さんの講演情報をゲット

 

セミナーにて、GRAPHの北川一成さんが、大阪のDDDギャラリーで講演をする情報をゲットしました。

北川一成さんといえば、世界のグラフィックデザイナー協会の会員にも選ばれている。日本を代表するグラフィックデザイナーです。

北川一成/アートディレクター・グラフィックデザイナー/GRAPH代表

img_0010_11

引用:http://morisawa-resources.s3.amazonaws.com/uploads/tmg_block_page/cover_image/2007/img_0010_11.jpg

 GRAPH(グラフ)とは兵庫県加西市にある印刷会社です。印刷会社兼デザイン会社という形んです。東京にもデザインチームののオフィスがあります。「印刷×デザイン」をもとにおもしろい、クオリティの高い印刷物を作っています。

 

北川一成のデザイン

ph1

引用:http://tdctokyo.org/jpn/wp/wp-content/uploads/2013/04/01.jpg

054_02

http://mag.sendenkaigi.com/brain/201504/images/054_02.jpg

d2045d8c842ccb6126c72a68f0d479d2893587a8_l

引用:https://smlycdn.akamaized.net/data/product2/2/d2045d8c842ccb6126c72a68f0d479d2893587a8_l.jpg

 

前に読んだ本の北川一成インタビューで、

「捨てられない印刷物を目標にしている」と発言されていました。

 

nasu-note_illust_tension

 

「これや!」   ピンときました。

 

講演を絶対聞きに行こう。もしも、話せる機会があったら話したい。

デザインの力と、正当性を求めて。

 

前田、北川一成に会いに行く。

 

01

引用:http://tdctokyo.org/jpn/wp/wp-content/uploads/2013/04/01.jpg

 

大阪・南堀江のDDDギャラリー(大日本印刷)にやってきました。

GRAPH北川一成氏の作品展。この人のデザインはとにかく造詣が面白い。そして美しい。「こんなことやって良いんだ!」とデザイナーは勇気をもらえる。発想がぶっ飛んでいます。

しばらくして、講演が始まりました。

内容は、GRAPHの成り立ちと印刷会社としてリブランデジングした経緯。目が見えなくなって手術した話が印象的でした。

北川一成さんのデザインの特徴は、見たことない造詣でインパクトがすごい。どこかでみたデザインや、デザインらしいデザインに収まらず、果敢にデザインの可能性を広げている。

 

ひさしぶりに、デザインがおもしろいと思えた。今日来てよかった!

 

 

前田、北川一成に急接近!

 

そして、講演が終わり、交流会スタート。

北川氏の周りは人だかりができている。

GRAPH社員と談話しつつ、北川氏に近づく前田!

なかなか話しかけられなかったが、勇気を出して突撃!!

 

 

前田
あ、あの~すみません デザインを見てもらえませんか?

 

北川氏
あ、はいはい

 




 

北川氏
ええやん。めっちゃ、おもしろい。これ、いいよ。

 

北川氏
でも、本物になりたかったら東京に来い。

 

前田
あ、はい。でも。東京ですか〜、東京は無理ですわ~(正直)

 

と答えたものの、やっぱり答えは東京にあるのか。と思いました。

ほめてもらえたのはよかったけど、企画は良いけどデザインはまだまだってことなのか。

 

 

その後日、雑誌でGRAPHの求人広告を発見。「デザイナー募集してるやん!」、その時まで、GRAPHの求人なんかみたことなかった。これは、なんかの縁かもしれんし出すだけ出してみよう。

さっそく、書類を提出。

そこからかなり1ヶ月くらいたって、副社長(たぶん)から電話がかかってきて「面接に来てください」とのこと。

 

【最終話】デザイナー前田、悩みに悩んだ転職活動で得たことは? につづきます。

運営中のコミュニティで新メンバーを募集しています!