ロゴの作り方 箕輪編集室編

ロゴデザイン

 

 

幻冬舎の編集者 箕輪厚介が主催するオンラインサロン「箕輪編集室」。今回は、箕輪編集室のロゴのリニューアルについて解説する。

 

 

↑完成したのはこちら。(after)

 

 

箕輪編集室とは、幻冬舎の編集者 箕輪厚介が主催するオンラインサロン。オンラインサロンが何かというと、月額制で会費を払うとFacebookの秘密のグループに招待される。そのあとはサロンによって特色が違うのだが、箕輪編集室の場合なら箕輪さんのメジャー案件の仕事に参加できたり、プロジェクトを作って仲間と実行したり、箕輪さんが紹介するゲストの話を聞けたりする。

 

僕も2017年7月から箕輪編集室に入っている。「編集室」だからデザイナーが行くのは場違いかなと思ったけど、ちょうど「デザイナーを募集している」というツイートを見かけたので思い切って入ってみたことがきっかけだ。THE 躊躇しないキャンペーン。

 

余談だが僕はこの後、箕輪編集室でのデザインワークにすっかりハマってしまう。箕輪さんが投げかける案件に真っ先に食いつき、ものすごいスピードで仕上げる。提案したデザインを見たときの箕輪さんからの反応は、いつも心地がよい。異常な速さのレスポンスと的確な判断に耳の裏がブルっと震える。それがうれしくて去年1年はひたすらこれを繰り返していた。そしてついには箕輪編集室のようなプロジェクト型のオンラインサロンを立ち上げるまでに至った。

 

単純に箕輪厚介という編集者のことが好きなのだが、僕の生き方を変えてくれたきっかけでもある。だからこそ箕輪編集室のロゴをリニューアルするならぜひとも作りたい。そう心に決めていた。

 

 

 

↑箕輪編集室(リニューアル前)初期のグラフィック

 

 

 

 

以前のロゴは、他のデザイナーさんがデザインされたもの。確か箕輪さんが南の島が好きであること。「箕輪編集室は出版業界の黒船になる」という話から制作された。箕輪編集室は、スタートから1年で1000人を超える大所帯となり、映画「箕輪大陸」の制作、1万人を招いての大規模なイベント「1万人飲み会」の開催、公式noteのフォロワーを1万人まで増やすなど快進撃を続けた。

 

箕輪編集室の活動の指針は当初から変わっていない。モットーは「死ぬこと以外かすり傷」。ただ1周年を迎え、アジア進出などグローバルな活動を視野に入れる一方で、「みの邸」をはじめとするリアル拠点の設立、地方チームの台頭など活動の幅が広がってきた。今のロゴにも愛着があるけど、箕輪編集室の進化によってロゴも進化するタイミングではないか?どんな組織よりも変化のスピードの早い箕輪編集室だからこそ、この段階で志の再定義をする時期に相応しいのでは?そんな風に思っていたとき、ちょうど運営チームからロゴリニューアルの提案をいただいた。

 

 

実は、依頼が来る前に2018年9月の時点でリニューアルすべきと考えてグラフィックを検討していた。誰にも見せてないので初公開。

 

 

 

ロゴを新しく作るにあたり、箕輪さんにヒアリングをさせてもらった。箕輪さんから聞いた箕輪編集室のこれからは、こうだ。

まずは地方チームや部活に入って仲間を作る。そこで楽しく過ごして居場所を見つける。そうして行くうちに、何かやりたくなったら手を動かしてクリエイティブなことに挑戦してみる。

 

 

ヒアリングはこんな感じでZOOMで行われた。

 

 

 

イメージの例としてあがったのは、株式会社スタートトゥデイのロゴ。(ただし現在は社名が株式会社ZOZOに変わったのでロゴも新たなものになっている。)

 

 

箕輪さん曰くこのロゴが好きと言うより、良い意味で無味無臭で記号になっているところがいいと。つまりシンボル、概念となるようなロゴを望んでいるとのことだった。「箕輪さん」「箕輪のM」「箕輪編集室」というものが前面に出過ぎず抽象的なものがよいと。コンセプトがどうこうというより、かっこいいものに。

 

伝えたいイメージは設立当初と同じで「海賊船」、だけどもっと抽象的なもの。得意なものがそれぞれあって、それぞれ助けあって、お酒飲んだり遊んだりしながら、宝が見つかったら豪遊して、また冒険するイメージらしい。

 

 

 

 

まずはオンラインサロンのロゴがどう使われるのか、見え方をイメージしてみた。募集ページや、SNS、このロゴがどういう場所に使われるのか。周りに埋もれてしまわないか。そういうバランスを見るのも大事な工程。

 

リニューアル前

 

 

ちなみに今回のロゴのリニューアルは、箕輪編集室デザインチーム内でZOOMというビデオ会議で公開しながら作った。ロゴを作るときのプロセスや思考を垂れ流すだけなのだけど、僕はなまけものだから人目を感じながら作ると気合が入ってちょうどいい。それにこれからのクリエイターたちのお役に立てればいいなと思ったからそうさせてもらった。

 

 

 

 

 

箕輪さんの話を受けて、ロゴは記号っぽいのがいいなと思った。例えばキリストの十字架みたいなもの。新しい数字とかアルファベットとか、単純な図形だけどその形を見ただけで「箕輪編集室」と認識できるようなものになるのが理想だ。今回の場合、意味から考えて連想ゲームするのではなく、図形から入った。箕輪さんや箕輪さんの発した言葉から思いつくものなんでもいい。アイデアラフだから、ポンポン思いついたものを形にし、そうした中でいくつか造形が生まれた。実際に箕輪さんに提案した資料を元に紹介する。

 

 

刀っぽい? 十字架から発想している

 

◯と×の組み合わせ

 

流れ星

 

Cと同じ。ミスった。

 

なんだろう。コアみたいな。中心に集まる?

 

?と!の組み合わせ

 

うさぎ。過去に箕輪さんがペットにしたいって言ってたから。

 

!と?の組み合わせ2 記号的に。

 

◯と×の組み合わせ2 海賊風。

 

三つ星が重なっている。

 

+(プラス)のアレンジ

 

 

 

 

 

箕輪さんに見てもらい、こちらの案に決定した。

 

 

 

この新ロゴは、昨年末の箕輪編集室の忘年会にてお披露目させてもらえた。箕輪さんや箕輪編集室メンバーの前で披露する機会をもらえてうれしかった。

 

 

 

確かにこの案は、海賊船を想起させつつも以前よりもシンボリックなものになっている。

 

今回はストーリー重視ではなかったものの、今こうして見るといろんな意味に取ることができる。○と×で構成されているので、「常識を疑え」という風にも取ることができるし、○=成功と×=失敗、つまりトライアンドエラーの繰り返しとも取れる。なんとも箕輪編集室らしい。

 

 

 

 

その後は通常のロゴと同じく多少のブラッシュアップはしているものの、実はあまり作り込んでいない。なぜかと言われたらうまくいえないのだけど、今回はコンセプトを作り込んでいなくて直感と偶然を大事にしているからだ。日本刀に例えるなら、もともとの鋭さや切れ味を大事にしたくて。そこに僕が刀をピカピカに磨き上げる作業をしてしまうと偶然性が無くなる気がしてあえてそうしなかった。箕輪編集室はアップデート主義のコミュニティ。未完成さをはらみつつも、みんなで新しい文化を作っていく。そう考えたときに作り込んだロゴは相応しくないと判断したからだ。

 

完成!!!!!

 

 

箕輪編集室には、エリアや属性、クリエイティブチームがたくさんある。チームごとにはそれぞれカラーとバナーがあるのだが、今回ロゴのリニューアルなので各チームのバナーも総入れ替えした。

 

 

 

募集ページの内容もライターの浜田さんを中心にリニューアルされた。かくして箕輪編集室の現在の募集ページはこうなっている。

 

 

 

今後は箕輪編集室専用のWEBページもできるようなので、このロゴが旗印としてさらに機能するだろう。僕もデザイナーとしての活動を一区切りし、今度は漫画で大好きな箕輪編集室に関わる。そう心に決めている。

 

 

 

 

 

追伸:

僕、前田高志は2019年より漫画家とオンラインサロン「前田デザイン室」が活動の中心になります。(ただし現在は前田デザイン室は新規募集していません。すみません。)

https://camp-fire.jp/projects/view/66627

 

よってあらたなロゴ募集は受け付けておりませんが、面白そうな案件であればご相談ください。

https://takashimaeda.jp/nasu-note/contact/

 

また僕の会社株式会社NASUのデザイナーを募集しています。今月で一旦募集を締め切るので、ピンと来た方はぜひ。

https://takashimaeda.jp/nasu-note/ricruit2019/

 

 

 

 

 

構成・編集:浜田 綾

新メンバー募集中!

悶々としているクリエイター集まれ!