おすすめの映画「君の名は。」ネタバレなし感想レビュー

デザイナー前田のコラム

引用:http://www.kiminona.com/

 

 

どうも、前田(Graphic Designer / NASU) です。

 

 

大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」を観てきました。

 

 

感動の余韻が覚めない!本当にいい映画。

 

 

いろんな人におすすめしたいので、
今回はネタバレなしで感想レビューをしていきたいと思います。

 

 

前田
予告編の情報までの情報は書いてますよ。

 

 

映画「君の名は。」を観に行きたくなった理由

 

映画館で観た予告CMを観て、一目で気になりました。

 

予告編の映像はこちら↓

 

予告映像でわかることは、「都会に住む男子高校生」と「都会に憧れる女子高生」の心と身体が入れ替わるラブストーリーということ

 

入れ替わりの話は、昔から話としてよくあります。ぼくはSF好きなので大好きです。

 

気になる王道ネタ「心と身体が入れ替わる

 

「心と身体が入れ替わる」展開はベタですが、自動的にストーリーを脳内で想像させます。

 

  • お互いどういう生活を送るのか。
  • どんなトラブルがあるのか。
  • 男女の違いによるギャップとか。(ちょいエロ要素)
  • お互いが好きになっていく。

 

いろいろ想像させられます。

 

 

ここで過去の入れ替わり作品を振り返っていきます。

 

大林宣彦監督の「転校生」。階段から転げ落ちるやつ。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/f0/e551ff01808895ff1f40da68b99e53c9.jpg

 

パパとムスメの7日間」。ガッキーこと新垣結衣が可愛すぎ。

パパとムスメの7日間 DVD-BOX
引用:https://www.amazon.co.jp/

 

山田くんと7人の魔女」。西内まりやが可愛すぎ。

山田くんと7人の魔女 DVD-BOX

引用:https://www.amazon.co.jp/

 

 

この「君の名は。」は、お互いを知らない人同士であり、入れ替わったことも理解できていない。というのが今までなかったところです。

 

 

散々使い古された「身体と心の入れ替わり」をどうまとめるのか。

どうやって入れ替わって、どうやって戻るのか。先にも紹介した通りこれまで散々使い古された話をどうやってつくるのか。これがクリテイティブに関わる上でとても興味を持ちました。

 

監督は、『言の葉の庭』の新海誠氏。

Makoto_Shinkhai_in_Moscow引用:wikipedia

 

 

絵のクオリティが期待感を高める。

20160827155441-1

引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ohrmsk927/20160827/20160827155441.jpg

 

絵と映像のクオリティの高さが抜群に高い。人物以外の背景が超リアル。リアルだけではなくワンシーンワンシーンすべて演出がうまい。そして美しい。

絵がこれだけのクオリティ。絵にこだわりがあるスタッフ。ストーリーの方に期待が高まりました。

 

 

テンポがいい。

ぼくの基準で映画で一番辛いのが「テンポが悪さ」。予告編のテンポがすごくよかった。予告編なんて大抵テンポがいいものですが、音楽の使い方と構成にセンスを感じました。超早送りになる(タイムラプス演出)も効いています。この演出、必然なんですよね。映画見た後わかりました。

 

「君の名は。」主題歌 RADWIMPS/前前前世

テンポがいいのは、この主題歌であり劇中歌である人気ロックバンドRADWIMPSの「前前前世」の楽曲のノリが最高だからです。新海誠監督がRADWIMPSの大ファンということでタイアップとなりました。

 

 

この映画を観たくなった理由は3つ

  • 「心と身体が入れ替わる」話をどうまとめるか。
  • 絵と映像のクオリティ
  • テンポの良さ

 

 

 

映画「君の名は。」の見た直後の感想

 

nasu-note_illust_kandou

 

やっぱりすごかった絵と映像のクオリティ。しかも、予告編と同様に音楽と映像の構成がうまい。

そして、ストーリー。あまり書きませんが、話のまとめ方と斬新さは期待以上のできでした。

 

7歳の娘と一緒に行ったのですが、中盤からずっと泣いてました。

 

前田
小学生低学年にもおすすめ!

 

 

親としては、気になる「エロ要素」ですが、胸を触るくらいなので小学生低学年でも全然OKの範疇でした。

 

 

まとめ 映画「君の名は。」のおすすめポイント

 

「君の名は。」は映画館で見るべき

「DVDやブルーレイでいいや」で思ってる人!この映画は絶対映画館で見るべきです。

  • 絵と映像のクオリティ
  • キャラデザインがいい
  • 音楽がいい

絵のクオリティと音楽の使い方が秀逸。
ちょっとでもこの映画が気になっている方は映画館をお勧めします。

 

前田
ワンシーンワンシーンが伏線だったりするので、最初からじっくり観たくたくなっています。

 

 

心の高揚が止まらない。

  • ストーリー構成がいい
  • カップルで行くとなおよし
  • 余韻が残る感動

 

 

あー、誰かとこの映画について言いところを話したい!

 

 

ってなります。

 

 

今のところ、ダメなところが見つからない。いや、探したくならないのが本音です。

 

 

そんな映画でした。

 

 

長めの予告編がもうひとつありました。ちょいネタバレかも。

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

新メンバー募集中!

悶々としているクリエイター集まれ!