グラフィックデザインとは?何ができるの?

デザインの力

 

グラフィックデザインで、何ができるの?

 

「グラフィックデザインでできること」をまとめてみました。

グラフィックデザインは、またの名を「ビジュアルコミュニケーション」ともいいます。
そのまんまの意味で、「ビジュアルをつかったコミュニケーション」です。

 

デザインは、ビジネスに必ず関わってきます。
基礎知識として知っておいて損はありません!

 

まずは、

 

どんなものが、グラフィックデザインなの?

 

 

身の回りにあるグラフィックデザイン

 

・パッケージ

apple製品のパッケージとかしびれますよね。飲食物のパッケージデザインも重要です。

 

・広告・販促物

駅のポスターや店頭POPやパンフレット。最近だと「ドラクエ30周年」が趣向を凝らしていて面白いです。黒板アート。

m_eigacom-57940引用:http://news.goo.ne.jp/article/eigacom/trend/eigacom-57940.html

・雑誌

最近買わなくなりましたが、ファッション誌やサイゾー、relaxが好きでした。

 

・ロゴ

企業のロゴや、お店のロゴ。だれにでも好きなロゴってありますよね?
僕はもちろん「Nintendo」ですよ。

 

・装丁

本を選ぶ上で、デザインも重要ですよね。寄藤文平さん、サイコーです。

 

・WEB

見やすさ+使いやすさ(UI)が重要になります。

 

 

ビジュアルをつかったコミュニケーションは何がいいのか?

 

・わかりにくい → わかりやすく

正確にわかりやすく情報を伝えることができます。レイアウト、イラスト、写真を駆使します。
ビジネスにおいて複雑さはNGです。複雑なほど購買意欲がなくなるので。

 

・印象を感じさせる

高級感を出す・楽しさを出す・おいしそうな感じを出す・ワールドワイド感を出す・アメリカンな世界観…など。
文字にすると長くなることを、一撃で伝えることができる。

 

・テンションをあげる


アート表現をつかって、美しさ、かわいさ、かっこよさ。見た瞬間に「いいなぁ」と感じさせることができます。人間は感情でしか動きません。感覚を刺激しましょう。また、ロゴデザインにおいては、社長から、社員までひとつの可視化したスローガンにもなります。

nasu-note_illust_tension

・記憶に残す


レイアウトや配色、写真やイラストのアート表現をつかって強烈な印象を与えることができます。物や情報が氾濫した世の中、「インパクト」が非常に大事になってきます。広告の場合だとまず見てもらうことが大事です。

 

・信頼・安心感を与える


造形のクオリティ(完成度)を高めることで、信頼感や安心感を与えることができる。逆にいうと、文字のバラバラ感、不自然な一貫性のなさは、不信感や不安を感じさせます。デザイナーではなくてもデザインの質はわかります。わからなくても感じ取ります。

 

 

人はみんな、デザインの良し悪しを一瞬で判断している。

 

極端にいうと、高級ブランドとスーパーで買える服は違うし、安いお菓子と高いお菓子も違う。
普段意識することはないですが、デザインが良い悪いはかならず判断しています。

 

しかも、みんな一瞬で。

 

nasu-note_illust_eye

 

コンビニにある食べ物の包装のデザインが、微妙で怪しかったら、絶対手に取りません。

 

いくら商品が良くてもデザインだめなら、かなりの損失になります。

 

悪いデザインはみたらすぐわかるし判断しています。

 

 

なのでデザイナーは、必死こいて
ダイヤの原石を探し出し(アイデア出し)、磨き上げます。(ブラッシュアップ)

 

 

気を抜けません^^;

 

 

まとめ

 

グラフィックデザインとは、“ビジュアルコミュニケーションデザイン”。

 

デザインにできること。

・わかりにくい → わかりやすく
・印象を感じさせる
・テンションをあげる
・記憶に残す
・信頼・安心感を伝える

 

人はだれもが、デザインを一瞬で判断している。

 

デザインで損をしないように気をつけましょう。

 

 

運営中のコミュニティで新メンバーを募集しています!