活版印刷の名刺


 

businesscard2_01

 

最初に作った名刺がなくなったので、新しく作り直しました。

 

今回も活版名刺です。

 

やっぱり活版はいい感じです!

 

活版印刷は印刷している文字の部分が少し凹むのが特徴になります。

 

名刺を渡した人に大体は「良いですね!」って言ってもらえます。

 

businesscard2_02

 

右が新しい方です。「肩書き」と「住所」と「NASUマーク」の修正をしました。肩書きは「Art Director」と「NASU代表」を追加。アートディレクターと自分で入れるのはムズがゆいのですが、やりたい仕事の意思表示とハードルを設ける意味で入れました。

 

最初の名刺の方がスッキリしてていいなぁ・・・。次は両面印刷にしよう。

 

 

金属凸版と樹脂凸版

最初の名刺は金属凸版で、今回は樹脂凸版でした。用紙が違うので一概に言えませんが、シャープさでは金属版の方が感じます。今回の少しにじんだ感じもレトロな感じでいい感じです。

 

businesscard2_03

↑最初に作った時の印刷会社でもらった金属凸版

 

おすすめの格安で活版名刺が作れる会社

ハグルマ封筒印刷 でオンラインから注文して作りました。100枚5,000円。相場は100枚10,000円ほどです。なぜこんなに安いかというと、入稿と納品日が印刷会社で指定されています。さらに選べる紙も少ないです。特に急いでないのであればかなりお得ですし、お試しで作ってみたいという人は本当におすすめです。

※「100枚5,000円」は、オリジナル入稿データを作って入稿する必要があります。印刷会社にデータを作ってもらう場合は7,000円になります。

 

では!

 


デザインのご依頼(ご相談)はお問い合わせフォーム からご連絡ください。

 


1 comment

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です