【大阪・レトロ印刷JAM】孔版印刷がおもしろい。


 

nasulog_opendm_01

 

自社のDMをつくってます!

 

NASUがオープンしました!をお知らせするためのお知らせハガキを制作中です。

 

今日、DMの色校正(試し刷り)があがってきました。紙の風合いと色が、めっちゃ良い感じですデザインは全く仮です。レトロ印刷JAMさん で早く試し刷りをしてみたくてパパッとつくりました。孔版印刷(スクリーン印刷)という昔ながら印刷手法で、色ムラ、版ズレなどが楽しめます。

 

今回使った紙は、「厚・富士わら紙」。色は、金・ピンク・グレー・白の4色。残念ながら、予想通り「白」はかなり薄く、きちんと柄が出ませんでした。「為」が全く読めない・・・。紙との相性が悪かったようです。「金」が光沢感あって孔版印刷ならで!普通のオフセット印刷で上質紙だと「金色」はほぼ「茶色」になります。だからちょっと感動。蛍光ピンクも同様ですね。めっちゃ鮮やか!

 

nasulog_opendm_02

 

 

試し刷りと一緒に版下データ制作のアドバイスが入ってました。「白は出にくい用紙」とのこと。

nasulog_opendm_04

 

 

版ズレと色ムラの雰囲気は大好きなのですが、個体差が想像以上にあって、ビックリ。それはそれで面白いですけどね。嫌な人もいると思うのでご注意ください。

nasulog_opendm_03

 

 

 

孔版印刷が気になった方は、レトロ印刷JAMさん でチャレンジしてみてください。印刷サンプルがこちらで購入できますよ。レトロ印刷JAM 印刷見本  

 

DMの完成版をまたブログで報告しますね。

 

 

 

では!

 

 

 


デザインのご依頼(ご相談)、または印刷についてご質問があればお問い合わせフォーム からご連絡ください。

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です