「特色」で、印刷物のコスト削減しよう!


 

nasulog_tokushoku_banner

 

特色ってなに?

 

チラシや名刺、パンフレットなど、通常の印刷(オフセット印刷)では4色で印刷されています。

 

4色インキと4色の製版が必要です。4色とは、Cは「シアン」、Mは「マゼンタ」、Yは「イエロー」、Kは「ブラック」。CMYKと呼ばれています。

nasulog_tokushoku_01

通常印刷ではこの4色ですが、周りを見渡せば、鮮やかなパステルカラー、鮮やかな蛍光色、金、銀などあきらかに異質な印刷物がありませんか?

 

 

それが特色印刷です。

 

金色と蛍光ピンク

nasulog_tokushoku_sample01

 

C M Y K + 蛍光ピンク

nasulog_tokushoku_sample2

 

 

 

雑誌やパッケージ、チラシに多く使われています。

 

特色は色見本帳のようなカラーチップで指定します。DICカラー、PANTONEが代表的なカラーメーカーです。カラーチップを持っていないと指定できないので、デザイナーの必須アイテムになります。(印刷会社さんによっては、お借りすることもできるかもしれません。)

 

PANTONE 色見本 GP1606 パントン ソリッドチップス╱2冊組(コート紙、上質紙) 『パントン正規品、シリアル番号あり』 [並行輸入品]

DIC カラーガイドPART1 1巻・2巻・3巻 第19版

 

 

特色で、コスト削減できる。

 

4色4版で通常印刷する分を、2色2版にするだけで単純に半額です。スーパーのチラシなどで見られる、「黒」と「赤」の2色で刷られているのはコスト削減のためです。

 

うまく黄色の紙を使って、黒と赤の2版で印刷しています。

10110210

引用元:http://www.saimiru.com/page/89

 

通常印刷(CMYK)で、「赤」を作ろうと思ったら2版必要なんです。「マゼンタ」+「イエロー」赤の特色を使えば、1色インキと1版で済みます。

nasulog_tokushoku_02

 

たとえば、「蛍光色」と「黒」で擦った方が返って目立たせることができたり、「金」と「黒」だけで印刷する方が。高級感が出せたりします。

 

 

 

 

ただ、チープに見えるか、良く見せられるかはデザイナーの腕によるところがあります。

 

 

 

下ののように2色の方が返って良い雰囲気を出せたり、印刷コストも下げられます。

nasulog_tokushoku_sample03

 

 

 

 

特色のいろんな使われ方

 

 企業のコーポレートカラー
ブランドイメージの統一・管理するために特色で指定します。

 商品パッケージ
他商品との差別化・高級感・アイキャッチのため。

 販促ツール
色数を制限したチラシなど。目立たせたり、コスト削減のために使用します。

 こだわった印刷
写真集やCDジャケットなどアート性の高いものは品質を高めるため、逆にCMYK+特色といった印刷に深みを出します。

 

 

 

まとめ

 

特色はコスト削減しながら、目立たせたり、見栄えを良くできる場合があります。大量印刷する場合「特色」の選択肢もあるということを意識しておいた方が良いでしょう。

 

こういった印刷の知識や経験は、グラフィックデザイナーや印刷会社、製紙会社に直接相談してみるのが良いです。また、使用する用紙も密接に関わってきます。「金」が出やすい紙、出にくい紙があったりします。

 

 

印刷については、こちらもどうぞ。
少数部数の印刷は、オンデマンド印刷がお得!

 

 

それでは、また〜。

 

 

 

 

 


2 comments

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です